英語はじむるとき

恥じることなく英語を入門レベルから自分のペースでまったり学んでいきます。

~その5~ 5W1Hはつきもの。Whoはビジネスでもよく使うので早く慣れたい!

ぼちぼち英語を学びます。

こんにちは。

f:id:Skycrawler:20200118084239j:plain

 

今日は知り合いの車屋の手伝いに行ってきました。

といっても今日の作業はなんと駐車場の木を切り倒すこと。

午前中はずっとのこぎり片手に木を切っていました。

そして切った木たちを運んでました。

なまった体には肉体労働きついですね。

 

  

 

 

今回の学び

Whoを使い倒そう

Whoは仕事のときによく使いそうですよね。

「彼は誰ですか?」と聞くシーンはよくありそうです。

 

Who is he?

 - He is Mr.Kurumasuki.

なんてよく言いそうなもんです。

 

ということで"who"の文章を作るためにはというか疑問文を作るためには

www.sky-crawler.net

この記事の「疑問文の作り方」でも記載しましたが、

元の文章の何を聞くかによって変わります。

 

whoの場合、

 

He is Mr.Kurumasuki.

→下線部を聞いている。

  →主語ではないので語順の転換が発生することに注意!

ということで

Who is he?

となります。

 

一方で、

Mr.Kurumasuki is car-mechanic.

→下線部を聞いている。

  →主語なので語順の転換が発生しない

したがって、

Who is car-mechanic?

となるわけです。

 

ところで私は映画でよく聞くフレーズ。

 

Who are you?

こんなこと聞かれたら一瞬ドキっとしちゃいます。

なんか深読みしすぎるというか。何を応えればいいのか。

でもなんてことはないですね。

I am Mecha Kurumasuki.

と自己紹介をしておけばよいということです。

なんか、

Who are you?(おまえは誰なんだ? → 何もんなんだ?)

→えっ?スパイとか疑われているのか?

なんて映画みたいなこと考えちゃいます。(;^_^A

 

 

Whoをぜひ使ってみたいシーン

うちの息子が家に友達を連れてきたとします。

 

私:Who is she?

息子:She is my girlfriend.

 

なんて言ってほしいですね。

まだそんなシーンが訪れません。

親としてはドキドキの会話では??( ´艸`)

 

文法について

 振り返りになりますが、

代名詞と指示代名詞。

これを繰り返しメモしておきます。

 

Who are those men?

 - They are my friends.

 

指示代名詞は名刺を飾る。

そして、"those"はthatの複数形。

そして回答は"they"で返す。もちろん複数形。

なので、回答分は

Those are my friends.

(あれらは私の友達です。)

とせず、

They are my friends.

でよい。

そう。そうだった。ちゃんと覚えねば。

 

 

初見/記憶に消えていた単語

manual labor

意味:肉体労働

   →laborが元々(肉体的な、骨の折れる)仕事という意味でした。

    manual workでも肉体労働になるようですが、よりつらさを

    アピールする場合はlaborを使ったほうがよさそうですね。

 

saw

意味:のこぎり

   →確かにチェーンソーとか言いますもんね。

    調べると言葉のつながりが見えてきますね。

 

 

ということで本日はここまで。 

 

モチベーションになるのでよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村